Archive for 4月, 2014

妊娠中のスキンケア化粧品

よく妊娠した時の肌の変化でシミなどの色素沈着が起きやすいと言われていますが
これはなんとなくそういった変化があるということではなくてちゃんと理由があるそうです。
女性は妊娠をするとそれを維持するために黄体ホルモンとも言われるプロゲステロンという
ホルモンが多く分泌されるようになるのですがこのプロゲステロンの分泌がシミや色素沈着を
起こりやすくしてしまうのだそうです。具体的にどのように影響を与えているのかというと
プロゲステロンがメラノサイトを刺激してシミやそばかずの元となるメラニンを作らせるそうです。
なので妊娠をしていない時に比べてシミや色素沈着が起きやすい状態となっているのです。
実は、出産をしてこのプロゲステロンの分泌が少なくなってくると問題が解決されることも
あるみたいなのですが元々メラニン自体に一度集まった場所にまた集まりやすいという性質が
あるので、一度出産を境にシミや色素沈着が改善されたと思ってもまた同じ場所にできてしまう
ということもあるのだそうです。これを防ぐためにはUVケアや美白ケアをしなければいけません。
メラニンの性質を考えるとこのようなケアは出産後からではなくて妊娠中からしておいたほうが
良さそうです。そうすることで妊娠中のシミや色素沈着はもちろん、出産後もそれを引きずらないで
済むかもしれません。調べてみるとこのような妊娠中のスキンケア専用の化粧品もあるようですね。
ママージュ 通販

抑毛ローションの使い方

ムダ毛処理をする際に面倒なのは何度も何度も繰り返ししなければいけないことですね。
特に毛抜きやカミソリを使った処理の場合、した直後はいいのですがまた時間が経てば
ムダ毛が生えてきてしまうのでその繰り返しにウンザリしている人も多いでしょう。
そのストレスから解放されるためには毛に対して直接作用するようなムダ毛ケアが必要です。
例えばクリニックの医療レーザー脱毛やエステサロンの光脱毛なんかは毛に直接作用して
毛が徐々に生えなくなっていくので最初のうちはそんなに変化がないかもしれませんが
続けていくうちに少しずつ自己処理をする必要が無くなってくるのでそんなストレスから解放されます。
費用的にこういったムダ毛ケアができないという場合は抑毛ローションがいいでしょう。
この抑毛ローションは除毛クリームなどとは違って塗ってすぐに毛が無くなるというものでは
ありませんが毛に直接作用するので使い続けているうちに徐々にムダ毛が目立たないぐらいに
細くなっていったり毛が生え変わる周期が長くなったりするので普通にムダ毛処理を
しているよりかはかかる負担というのはかなり軽減されてきます。
費用的にもエステやクリニックほどのお金はかからないので普段自己処理をしている人は
そのケアに抑毛ローションをプラスするだけでかなり手間は少なくなると言えるでしょう。
ムダ毛処理 ローション