Archive for 3月, 2014

リンパの流れを良く

私が最近凝っているのが、リンパの流れを良くすることです。
何かで読んだのですが、リンパは身体の中の老廃物を体外へ排出してくれるので、リンパを刺激したり、リンパへ老廃物を流すようにした方が良いそうです。
ですから、お風呂に入った時には、脇の下や足の付け根、鼠蹊部にあるリンパ節へ向かって手足をさすっています。
それから、鼠蹊部などは、軽くとんとんと叩いてリンパ節を刺激しています。
また、顔は特に気を付けています。
顔のマッサージをしているのですが、いつもはマッサージで止めていました。
ところが、これではいけないそうです。
マッサージをした後も、老廃物をリンパへ流すのです。
鎖骨の窪みの部分にあるリンパ節に向かって、首筋を顔から鎖骨に向かって何度かさするのです。
そうしてリンパ節に、顔の老廃物を流していきます。
それから、鎖骨の窪みを指で押していきます。
これは、首筋をさする前でもいいみたいです。
先にリンパ節を刺激してから、顔の老廃物を流すということです。
また、リンパへ老廃物を流す時は、それをイメージしてやると、効果的です。
私はいつも、「身体の中の悪いものが、これで出て行くんだ」と思ってやっています。
自分が綺麗になれると思いながらやる方が効果がある様に思います。

化粧水、スプレーボトルに入れてます

最近はじめたのが、化粧水をスプレーボトルに入れるということ。
前にスプレーボトル入りの化粧水を買ったのだけど、全部使い終わってその容器が空いたので、今度は他の化粧水を入れて使ってます。
スプレーボトル入り化粧水はその前のものが初めてでした。
(化粧直しミストは持ってたけど…)これって、意外といい!化粧水を手のひらにとったあと、顔まで持っていくときにこぼしちゃう、あのイライラがなくなるんですよね。
とくに乾燥が気になっている日に自然といつもより多めに化粧水をとったときとか、乾燥とこぼした事とで、二重にイライラしちゃったり…。
顔にまんべんなくたっぷりとふきかけてあげたあとに、そのあと両方の手のひらでゆっくりとハンドプレス…。
快適です。
せっかく気に入ったやり方を見つけたから、なにか可愛いスプレー容器を探してみようかなぁとも思ってます。
そういえば前、“ハダノミー”から、ハート型のボトルが出ていたような。
でもあれ確か、限定品なんですよね。
また出てくれないかなぁ、ハート型。

ほうれい線を薄くするためには

ほうれい線があるとそれだけで見た目の年齢が高く見られてしまいますよね。
そういったイメージがあるのでほうれい線は一種の老化現象のように思われていますが、
実はその原因というのは年齢を重ねることではなくむくみと顔の凝りからくるそうです。
そのため、ほうれい線を完全に無くすというのは難しいかもしれませんが薄くして
ある程度メイクなどをすれば完全にわからないようにするぐらいにまですることは可能です。
ほうれい線を薄くするために有効なのはやはりむくみと顔の凝りが原因になっているということで
それを解消するようなマッサージとか顔周りのちょっとしたエクササイズが有効なんだそうです。
他にも化粧品を使ってコラーゲンの生成を高めるという手段が取られることもあります。
また、その二つが合体したような美顔器を使ったケアも人気になっていますね。
どんな方法でほうれい線を薄くするのかというのは人それぞれではありますが、
そのままにしておくとどんどんほうれい線がハッキリとしてしまって薄くするのが
大変になってしまうので目立ち始めたかなというぐらいの時期にしっかり対策はしておきたいですね。
もちろん一晩やそこらでほうれい線が消えるということはないので継続的に取り組むことも
大事ですし今現在ほうれい線に悩まされていないとしても予防という意味でケアをするのもいいでしょう。
ほうれい線の消し方

痩せにくかったら諦める?

ダイエットはうまくいく人といかない人いますよね。
決意の差とか、やっているダイエットの差とか色々とあるでしょうけど、体質の差ってやっぱりあるみたいなんですよね。
筋肉質とか、水太りとか、冷え性とか多くのタイプがあります。
自分はどのタイプか知ることが出来るアンケート見たいなのがあるので、それでやって見ると私はバッチリ痩せにくい体質でした。
何となく予想はしていましたけどね。
最後の矢印は辿りたくなかった。
思わず吹き出しましたからね。
私は昔運動部でバリバリでしたから、それなりに筋肉質でした。
しかし部活をしなくなって、筋肉がどんどん脂肪に戻ってしまっています。
そういう人って痩せにくいんですって。
それに運動部の人って結構がっつり食べていますから、それを引きずって量を食べてしまうんですよね。
色々と試しても人より痩せていない気がしていたので、ちょっとショックでもありました。
とは言えもう止めるとは鏡の前では言えません。
この腹の肉は取らなければー、と自分を奮起しつつ、どうやってこの敵と戦っていくかを日々研究中です。
研究じゃなくて実践しないから痩せないんですよね。

VIO脱毛について

ほんの数年前までは脱毛と言ってもVIO脱毛と言われるアンダーヘアの脱毛については
まだ恥ずかしいと思っている人が多く実際に脱毛サロンなどで施術を受ける人も多くは
ありませんでしたが、最近はそのVIO脱毛をする人が増えていますね。
なぜ増えているのか?というのはいくつか理由があると思います。
例えば、女性誌での特集が増えたり、テレビなどでタレントがVIOラインのムダ毛処理を
していると告白したり、多くの人がやっているというイメージが付いたことが大きいでしょう。
また、海外では当たり前となっているという認識が広まったことも関係していると思います。
ある程度やってみようという人が増えたらそこからは自然に増えていくものですからね。
脱毛サロン自体に通う人が増えているというのも関係しているのかもしれませんね。
アンダーヘアの脱毛をする際はやっぱり恥ずかしいという気持ちを持って施術をする人が
多いと思いますが、施術中は全てを見られるというわけではなく、簡易的な下着を履いて
施術する時はそれをずらしながら行うので思ったよりも恥ずかしくないという人が多いです。
エステサロンのスタッフも当然慣れている光景なので特に気にすることはありません。
VIO脱毛は見た目もそうですが衛生面でのメリットもあるのでこれからどんどん
処理をする人が増えていくパーツになるんじゃないかと思います。