Archive for the ‘美容’ Category

脱毛サロンの失敗談

気になるムダ毛を処理して綺麗になりたい!!と思っている人がいざ脱毛サロンに通ってみると思っているほど脱毛することができなくて失敗してしまった・・・と思っている人も多いかもしれません。
実際にインターネットなどで脱毛サロンの情報や口コミなどを見てどの脱毛サロンに行くかを判断すると思いますが、インターネットの脱毛サロンの情報や口コミなどを見て決めても、いざ脱毛してみると思ったとおりに脱毛してくれないこともあります。
まず脱毛サロンの失敗談として挙げられるのが思うように脱毛効果を得られなかった場合です。実際に人気がある脱毛サロンでも、脱毛の効果は千差万別で脱毛の効果をすぐに感じることができる人もいれば、なかなかきれいに脱毛の効果を感じることができない人もいます。
次に多い失敗談がなかなか予約が取れない・・・というものです。定期コースで脱毛プランを選んでも次回の脱毛の予約が取れなければ、料金を払った意味がありません。せっかくお金を払っても脱毛ができなければ意味がありませんので、この部分でも失敗した・・・と感じる人が多いようです。
販売店情報検索

サロンで脱毛する場合

エステサロンの脱毛は永遠脱毛ではありません。公式サイトなどを確認するとわかりますが、どこにも永遠という言明は使用されていません。最近、永遠脱毛のケアは病院でのみ許可されています。エステサロンの脱毛マシンは力が弱々しいので、素肌にストレスが低く優しい方法で痛みがないことが特徴です。そのため何度もあて、ムダ毛の数量を減らしていかないといけません。永遠脱毛にはまるのなら、病院で受けるレーザーかニードルと呼ばれる電子針が良いと思います。レーザーはエステサロンで使われているマシンの出力が高い売り物と考えると良いでしょう。出力が高いと、1度のケアも効果が高いため射光回数も低く終わります。終了する間隔も短いですが、その分金は高くなります。しかし、エステサロンはケアに回数が必要で追加で契約することも珍しくないため終わってみれば同じくらいの料金がかかっていることもあります。ニードルは時間がかかる、技能思いが求められることから料金が大きいのと、苦痛が強いことで選ぶ人物があんまり多くはいないようです。エステサロンの脱毛は永遠脱毛ではないので間違わないようにしましょう。

カミソリをムダ毛処置に使うこと、間違った方法で使用しないみたい気をつけなければなりません。カミソリを取り扱う時は、必ずヘアに沿って剃らなければならず、逆道筋に剃ってはいけません。逆剃りすると素肌を傷めることになります。また、何度もおんなじ周辺をカミソリで剃るのはタブーです。カミソリで剃ると、角質年代も一緒に剃ることになるので、どうしても素肌が乾燥して、肌荒れになりやすくなります。そのため、カミソリでムダ毛処理をする時は、毎日の敢行は除け、循環を考えなければなりません。また、お風呂で処理して要る人物で間違った方法でムダ毛処置をやる人物がよくいます。それは、カラダソープの泡でカミソリを滑らせる対応です。素肌とカミソリの間にカラダソープの泡のバッファをつくって滑らす処置のやり方は危険です。そうすると素肌が赤くなったり、不具合を作ってしまう可能性があります。カラダソープの泡のバッファがとっくりできていないことが多いからで、肌表面の救援ができておらず、カミソリで角質年代を抉り取ってしまうことになります。カミソリを使用する時は、シェービング様式をきちんと使わなければいけません。

今更発見したベースメイクのこつ

私はメイクは大好きですが、ズボラなところがあるので割と自己流というか適当なメイクばかりしていました。
ですが、30代を過ぎてからは適当なメイクでは、毛穴やくすみがカバー出来ないと思いました。
特に毛穴をカバーしようとして、自然とファンデが厚塗りになってしまい、余計にメイク崩れしやすくなったり、ファンデを厚塗りする事で浮いて見えてしまったりと、悪目立ちばかりしてしまいました。
そこでこのままではメイクが綺麗に仕上がらないと思って、ベースメイクについて今一度見直しました。
今までは面倒だと思って適当に付けていた下地を丁寧に付けたり、お肌のくすみを改善させる為に、自分のお肌の色に合ったコントロールカラーを取り入れる等工夫をしました。
試行錯誤していたら、いつの間にかファンデを薄く伸ばして付けても綺麗な素肌に仕上がる様になりました。
下地をポンポンと叩き付ける様にして、光でくすみを飛ばす効果のある物を付けたら、毛穴レスで透明感のある美肌になれました。
いろいろな整体の方法

外的刺激からの防備

女性なら誰でも美容には気を遣います。
やはり、いつまでも赤ちゃんのようなうるツヤなお肌を出来るだけキープしたいですよね。
お肌って1枚の皮膚でつながっています。
お顔も、お尻も、背中も。
構成されている組織に全くの違いはありません。
アンチエイジングに欠かせないのが、保湿と紫外線からのブロック。
紫外線はお肌にとって、百害あって一利なしなのです。
お日さまに当たらなければ当たらないほど、お肌はきれいに保てます。
紫外線の次に怖いのが乾燥ですね。
土台が乾いてしまってはメイクも上手にのりませんし、うるツヤとは程遠いお肌になってしまいます。
なので、完全アンチエイジングの鉄則は、乾燥させない、焼かない。
この2点です。
お肌を作るのは、普段口にする食べ物と、お水。
ですので、きれいにこだわるなら、普段の食事にも気を遣うべきなのです。
特にお水は出来るだけミネラルの含まれたきれいなお水を摂るべきです。
お水は、体の中の循環に欠かせないからです。
きれいは保てます。
それは心がけ次第なのです。
積み重なったお手入れ不足は、そのまんまお肌に目に見えて現れます。
アンチエイジングを意識し始めたら、今現在の自分をイメージするのではなく、数年後の自分がどうなっているか、どうなりたいのかをイメージして取り組むと良いですね。
クマタケラン 化粧品

妊娠中のスキンケア化粧品

よく妊娠した時の肌の変化でシミなどの色素沈着が起きやすいと言われていますが
これはなんとなくそういった変化があるということではなくてちゃんと理由があるそうです。
女性は妊娠をするとそれを維持するために黄体ホルモンとも言われるプロゲステロンという
ホルモンが多く分泌されるようになるのですがこのプロゲステロンの分泌がシミや色素沈着を
起こりやすくしてしまうのだそうです。具体的にどのように影響を与えているのかというと
プロゲステロンがメラノサイトを刺激してシミやそばかずの元となるメラニンを作らせるそうです。
なので妊娠をしていない時に比べてシミや色素沈着が起きやすい状態となっているのです。
実は、出産をしてこのプロゲステロンの分泌が少なくなってくると問題が解決されることも
あるみたいなのですが元々メラニン自体に一度集まった場所にまた集まりやすいという性質が
あるので、一度出産を境にシミや色素沈着が改善されたと思ってもまた同じ場所にできてしまう
ということもあるのだそうです。これを防ぐためにはUVケアや美白ケアをしなければいけません。
メラニンの性質を考えるとこのようなケアは出産後からではなくて妊娠中からしておいたほうが
良さそうです。そうすることで妊娠中のシミや色素沈着はもちろん、出産後もそれを引きずらないで
済むかもしれません。調べてみるとこのような妊娠中のスキンケア専用の化粧品もあるようですね。
ママージュ 通販

抑毛ローションの使い方

ムダ毛処理をする際に面倒なのは何度も何度も繰り返ししなければいけないことですね。
特に毛抜きやカミソリを使った処理の場合、した直後はいいのですがまた時間が経てば
ムダ毛が生えてきてしまうのでその繰り返しにウンザリしている人も多いでしょう。
そのストレスから解放されるためには毛に対して直接作用するようなムダ毛ケアが必要です。
例えばクリニックの医療レーザー脱毛やエステサロンの光脱毛なんかは毛に直接作用して
毛が徐々に生えなくなっていくので最初のうちはそんなに変化がないかもしれませんが
続けていくうちに少しずつ自己処理をする必要が無くなってくるのでそんなストレスから解放されます。
費用的にこういったムダ毛ケアができないという場合は抑毛ローションがいいでしょう。
この抑毛ローションは除毛クリームなどとは違って塗ってすぐに毛が無くなるというものでは
ありませんが毛に直接作用するので使い続けているうちに徐々にムダ毛が目立たないぐらいに
細くなっていったり毛が生え変わる周期が長くなったりするので普通にムダ毛処理を
しているよりかはかかる負担というのはかなり軽減されてきます。
費用的にもエステやクリニックほどのお金はかからないので普段自己処理をしている人は
そのケアに抑毛ローションをプラスするだけでかなり手間は少なくなると言えるでしょう。
ムダ毛処理 ローション

リンパの流れを良く

私が最近凝っているのが、リンパの流れを良くすることです。
何かで読んだのですが、リンパは身体の中の老廃物を体外へ排出してくれるので、リンパを刺激したり、リンパへ老廃物を流すようにした方が良いそうです。
ですから、お風呂に入った時には、脇の下や足の付け根、鼠蹊部にあるリンパ節へ向かって手足をさすっています。
それから、鼠蹊部などは、軽くとんとんと叩いてリンパ節を刺激しています。
また、顔は特に気を付けています。
顔のマッサージをしているのですが、いつもはマッサージで止めていました。
ところが、これではいけないそうです。
マッサージをした後も、老廃物をリンパへ流すのです。
鎖骨の窪みの部分にあるリンパ節に向かって、首筋を顔から鎖骨に向かって何度かさするのです。
そうしてリンパ節に、顔の老廃物を流していきます。
それから、鎖骨の窪みを指で押していきます。
これは、首筋をさする前でもいいみたいです。
先にリンパ節を刺激してから、顔の老廃物を流すということです。
また、リンパへ老廃物を流す時は、それをイメージしてやると、効果的です。
私はいつも、「身体の中の悪いものが、これで出て行くんだ」と思ってやっています。
自分が綺麗になれると思いながらやる方が効果がある様に思います。

化粧水、スプレーボトルに入れてます

最近はじめたのが、化粧水をスプレーボトルに入れるということ。
前にスプレーボトル入りの化粧水を買ったのだけど、全部使い終わってその容器が空いたので、今度は他の化粧水を入れて使ってます。
スプレーボトル入り化粧水はその前のものが初めてでした。
(化粧直しミストは持ってたけど…)これって、意外といい!化粧水を手のひらにとったあと、顔まで持っていくときにこぼしちゃう、あのイライラがなくなるんですよね。
とくに乾燥が気になっている日に自然といつもより多めに化粧水をとったときとか、乾燥とこぼした事とで、二重にイライラしちゃったり…。
顔にまんべんなくたっぷりとふきかけてあげたあとに、そのあと両方の手のひらでゆっくりとハンドプレス…。
快適です。
せっかく気に入ったやり方を見つけたから、なにか可愛いスプレー容器を探してみようかなぁとも思ってます。
そういえば前、“ハダノミー”から、ハート型のボトルが出ていたような。
でもあれ確か、限定品なんですよね。
また出てくれないかなぁ、ハート型。

ほうれい線を薄くするためには

ほうれい線があるとそれだけで見た目の年齢が高く見られてしまいますよね。
そういったイメージがあるのでほうれい線は一種の老化現象のように思われていますが、
実はその原因というのは年齢を重ねることではなくむくみと顔の凝りからくるそうです。
そのため、ほうれい線を完全に無くすというのは難しいかもしれませんが薄くして
ある程度メイクなどをすれば完全にわからないようにするぐらいにまですることは可能です。
ほうれい線を薄くするために有効なのはやはりむくみと顔の凝りが原因になっているということで
それを解消するようなマッサージとか顔周りのちょっとしたエクササイズが有効なんだそうです。
他にも化粧品を使ってコラーゲンの生成を高めるという手段が取られることもあります。
また、その二つが合体したような美顔器を使ったケアも人気になっていますね。
どんな方法でほうれい線を薄くするのかというのは人それぞれではありますが、
そのままにしておくとどんどんほうれい線がハッキリとしてしまって薄くするのが
大変になってしまうので目立ち始めたかなというぐらいの時期にしっかり対策はしておきたいですね。
もちろん一晩やそこらでほうれい線が消えるということはないので継続的に取り組むことも
大事ですし今現在ほうれい線に悩まされていないとしても予防という意味でケアをするのもいいでしょう。
ほうれい線の消し方

痩せにくかったら諦める?

ダイエットはうまくいく人といかない人いますよね。
決意の差とか、やっているダイエットの差とか色々とあるでしょうけど、体質の差ってやっぱりあるみたいなんですよね。
筋肉質とか、水太りとか、冷え性とか多くのタイプがあります。
自分はどのタイプか知ることが出来るアンケート見たいなのがあるので、それでやって見ると私はバッチリ痩せにくい体質でした。
何となく予想はしていましたけどね。
最後の矢印は辿りたくなかった。
思わず吹き出しましたからね。
私は昔運動部でバリバリでしたから、それなりに筋肉質でした。
しかし部活をしなくなって、筋肉がどんどん脂肪に戻ってしまっています。
そういう人って痩せにくいんですって。
それに運動部の人って結構がっつり食べていますから、それを引きずって量を食べてしまうんですよね。
色々と試しても人より痩せていない気がしていたので、ちょっとショックでもありました。
とは言えもう止めるとは鏡の前では言えません。
この腹の肉は取らなければー、と自分を奮起しつつ、どうやってこの敵と戦っていくかを日々研究中です。
研究じゃなくて実践しないから痩せないんですよね。